春菊と焼きこんにゃくのナムル

年末、正月と食べ過ぎがちでお腹もお疲れなころ。
今回はこんにゃくと春菊でデトックス、簡単でシンプルな料理のご紹介です。
今が旬の春菊とゴマの香りが食欲をそそります。
こんにゃくは昔から「体の砂払い」ともいわれています。
整腸作用があり、糖尿病や腎臓病にもよいとされています。
春菊には様々なビタミン類と、丈夫な骨作りには欠かせないカルシウム、鉄分が豊富に含まれています。
葉緑素も多く、整腸作用、血液浄化と、まさに排毒効果の高い食べ物です。
春菊は茹ですぎないように調理しましょう。
栄養の損失を防ぎ、歯ごたえも楽しめます。
葉の部分をもって、先に茎を沸騰した湯に浸し約1分、その後全体を浸して約30秒ほど茹でます。

☆調理時間:20分程度
☆材料:2人分
 ・春菊・・・1束
 ・こんにゃく・・・100g
 ・醤油・・・小さじ1
 ・塩・・・小さじ1/4
 ・白ゴマ・・・大1
 ・酢・・・小1/2
 ・ゴマ油・・・大1
1.こんにゃくをあく抜きし、短冊切にする。(あくの抜き方:塩でよく揉み洗って、5分間茹でてざるにあける。)
2.塩とゴマを軽く炒って、すり鉢で軽く擦っておく。
3.フライパンに少量のごま油(分量外)をひき、こんにゃくにしっかり焦げ目がつくまで焼いたら、醤油回しいれ、さっと混ぜ合わせる。
4.春菊は茹でて、3~4㎝の長さに切る。
5.ゴマ・塩・酢・ゴマ油を混ぜ、こんにゃく・春菊とあえて完成

produced by はり灸・指圧・整体の自然堂治療院


0コメント

  • 1000 / 1000

自然堂治療院のからだと心に効くレシピ

お野菜だけでもこんなに美味しい、からだと心に優しいレシピを紹介しています。