菜花と麦と春野菜のスープ

草木が芽吹く春。春は冬の間に溜め込んだ老廃物を排出する季節。
東洋医学的にもこの時期は解毒を担う肝臓が活発に働くときといわれます。
今が旬の野菜や野草たちの強い香りやほろ苦さが体内の浄化に大いに役立ちます。
今回は春のお野菜たっぷりなデトックススープのご紹介です。
これから花を咲かせようとする菜の花の蕾には栄養がたっぷり。
とくにβカロチンが豊富で抗がん作用や免疫活性に効果があり、その他ビタミンB、Cや鉄分、カルシウムのミネラルも豊富で、ぜひ旬の今取っておきたい野菜です。
大麦は食物繊維がサツマイモの5倍、便通改善やコレステロール低下等にも効果があり、デトックス食材でもあります。
冬の間にためた毒をどんどん排出して、気持ちいい春を過ごしましょう。

☆調理時間:40分程度
☆材料:2人分
 
 ・もち麦(押し麦でもよい)・・・大さじ2
 ・玉ねぎ・・・1/4個(20g)
 ・じゃがいも・・・1/2個(20g)
 ・人参・・・1/5本(20g)
 ・キャベツ・・・1枚(20g)
 ・エリンギ・・・1/4本(20g)
 ・菜花・・・2本(20g)
 ・出汁(昆布出汁)・・・400ml
 ・オリーブオイル・・・大さじ1
 ・塩・・・小さじ1/4
 ・こしょう・・・少々

1.麦はさっと洗っておく。菜の花は2㎝程の長さに、野菜はそれぞれ1cm角に切る。
2.鍋にオリーブオイルをいれ、玉ねぎがしんなりするまで炒めてから、エリンギを入れ軽く焦げ目がついたら、麦と菜の花以外の野菜を入れ、炒め合わせる。
3.出汁と麦をいれ、煮立ててから弱火で約20分煮込む。
4.菜の花を加え、1、2分程火にかけ、塩コショウで味を整えたら完成。

produced byはり灸・指圧・整体の自然堂治療院


0コメント

  • 1000 / 1000

自然堂治療院のからだと心に効くレシピ

お野菜だけでもこんなに美味しい、からだと心に優しいレシピを紹介しています。