ほうとう鍋

山梨の郷土料理、ほうとう。
平たい麺を具材と一緒にお鍋で煮込むのが特徴的で、とろみがついて冷めにくく、体の芯から温まる一品。
今回のレシピはシンプルな重ね煮料理、また手作りの麺はもちもちしてとても美味しく、意外と簡単に作ることができます。
正月疲れが抜けないという方、年末年始の暴飲暴食で胃腸が疲れていませんか?
胃腸の疲れは体全体に影響します。
特にお肉や魚等の動物性食品の取り過ぎは胃腸に負担がかかります。
お肉等を食べるときはたくさんの野菜と一緒に摂取しましょう。

☆調理時間:1時間程度
☆材料:2、3人分
 
 ・こんにゃく・・・70g
 ・きのこ(何でもOK)・・・100g
 ・かぼちゃ・・・150g
 ・大根・・・150g
 ・玉ねぎ・・・100g個
 ・人参・・・30g
 ・ごぼう・・・30g
 ・みそ・・・70g
 ・だし汁・・・3カップ
 ・地粉(中力粉)・・・125g
 ・水・・・65cc
 ・塩・・・少々

1.ボウルに地粉と塩と水を加え、耳たぶくらいの固さになるくらいに手で練りラップをかけて生地を30~60分くらい休ませる。
2.かぼちゃ、大根、人参は乱切り、ごぼうはささがき、玉ねぎはくし切り、きのこは適当な大きさに切りわける。こんにゃくはあく抜きして、手でちぎる。 味噌は大さじ2の水で溶いでおく。
3.お鍋に下から、こんにゃく、きのこ、かぼちゃ、大根、玉ねぎ、人参、ごぼう、味噌の順に重ねる。 水70cc(分量外)を入れ蓋をして中火で煮込み(約20分)混ぜ返してだし汁を加える。
4.1の生地を2cm位の団子にわけ、それを平らになるようにひっぱって伸ばし鍋に加える(短めのきしめんのような感じに) 。さらに10分程煮込んで出来上がり。

produced by はり灸・指圧・整体の自然堂治療院

0コメント

  • 1000 / 1000

自然堂治療院のからだと心に効くレシピ

お野菜だけでもこんなに美味しい、からだと心に優しいレシピを紹介しています。