リンゴ風味のポテトコロッケ

リンゴは聖書のアダムとイブにも登場するように、人類との関わりは古く、8000年前から栽培されていたようです。
日本では意外と浅く明治以降から、しかし今ではみかんに次いで生産量が多い果物となりました。
今回はリンゴを使った変わ種コロッケの紹介です。
昔からリンゴを食べると医者を遠ざけるともいわれ、栄養価の高い果物。
子供の急な発熱に、リンゴのすりおろし汁がよく効きます。
リンゴには解熱作用や整腸作用もあるとされています。
風邪の発熱時、安易に風邪薬を飲む前に…。
発熱も体を治している防御サイン。
薬で急に熱を下げると逆に風邪が内にこもって長引き、また抵抗力もなくなります。
昔からある知恵を用いて、丈夫な体をつくりましょう。

☆調理時間:30分程度
☆材料:2、3人分
 
 ・じゃがいも…中3個
 ・リンゴ…1/2個
 ・玉ねぎ…1/2個
 ・味噌…大さじ1/2
 ・ピーナッツペースト…小さじ1
 ・塩…少々
 ・小麦粉…適量
 ・パン粉…適量

1.玉ねぎはみじん切り、リンゴは皮をむき小さめの角切りにする。フライパンに油をひき、玉ねぎを弱火できつね色になるまで炒めてから、リンゴを入れて炒めあわせる。
2.じゃがいもは厚めに皮をむき、茹でてからマッシャーで潰し、1と味噌、ピーナッツペースト、塩を混ぜる。皮は細い棒状に切り、リンゴのヘタの部分に用いる。(残った皮も一緒に揚げてフライドポテトにしましょう)
3.2をゴルフボール大くらいに丸め、小麦粉・水溶き小麦粉(同量の水で溶いた小麦粉)・パン粉の順につけ、リンゴの様に窪みをつくり、170℃の油で揚げる。棒状の皮も揚げ、コロッケの窪みに刺して完成。

produced byはり灸・指圧・整体の自然堂治療院

0コメント

  • 1000 / 1000

自然堂治療院のからだと心に効くレシピ

お野菜だけでもこんなに美味しい、からだと心に優しいレシピを紹介しています。