けんちん丼

忙しくて時間がない、今回はそんな時にもさっと作れて大助かりな美味しいメニュー、けんちん丼です。
私達日本人は三千年以上も前から米を主食としてきました。
しかし現在国民の年間支出額は米よりパンが上回っています。
洋食文化が浸透し米離れが進む現代の日本、その最中海外から和食は健康にも優れていると見直されています。
体調がすぐれない、病気が治らない、そんな方はぜひ食事を見直してみてください。
治療のカギは意外と近く、生活の中にあります。パンやお菓子で食事を済ませていませんか?
まずはお米を主食とした和食に切り替えてみてください。
特に玄米は精米されていない、生きているお米。
発芽に必要な多種多様の栄養素が含まれています。
玄米をよく噛んで食べていると体調が変わることを実感できます。

☆調理時間:30分程度
☆材料:4人分
 
 ・玄米ごはん(炊いたもの)・・・4膳
 ・木綿豆腐・・・1丁
 ・にんじん…50g
 ・長ネギ…50g
 ・絹さや…8枚
 ・塩…小さじ1/2
 ・醤油…大さじ2
 ・海苔…適量
 ・白ゴマ…適量

1.豆腐をしっかり水切りする。
2.絹さやはさっと塩茹でし、千切にする。
3.ねぎは斜め薄切り、人参は千切にする。熱したフライパンに油を入れ、ねぎ、人参の順番にじっくり炒め、豆腐を崩し入れて塩を加え、さらに炒める。
4.豆腐の水分がとんだら醤油を回し入れて炒りつける。
5.器にご飯を盛り、4と絹さや、海苔をのせ、すった白ゴマをふりかけて完成。

produced by はり灸・指圧・整体の自然堂治療院

0コメント

  • 1000 / 1000

自然堂治療院のからだと心に効くレシピ

お野菜だけでもこんなに美味しい、からだと心に優しいレシピを紹介しています。