梅酢のマリネ

初夏の風がかおる6月、梅が出回る季節となりました。
その昔、梅干は薬として珍重されてきたとのこと、梅干をつくる過程でできる副産物が梅酢です。
その為梅酢は効能が多くあり、豊富なクエン酸は唾液の分泌を促し、胃腸の働きを活発にしてくれます。
また疲労回復、老化防止、殺菌作用等様々。
梅酢に馴染みがないという方も多いと思いますが、見た目は鮮やかなピンク色で、ドレッシングや和え物等、手軽に用いることができる調味料です。
暑くジメジメした梅雨の季節も梅酢料理で元気に乗り切りきりましょう。

☆調理時間:30分程度
☆材料:4人分
 
 ・赤梅酢・・・0.5cup
 ・レモン汁・・・大さじ1.5
 ・オリーブオイル・・・大さじ0.5
 ・ローリエ・・・1枚
 ・こしょう・・・少々
 ・季節の野菜・・・適量
 (今回はにんじん、新玉ねぎ、大根、エンドウ、しめじ)

1.梅酢、レモン汁、ローリエ、こしょうを混ぜ、マリネ液を作る。
2.にんじん、玉ねぎ、大根は適当な大きさに薄切りする。エンドウ、しめじはさっと茹でる。
3.野菜をマリネ液に浸し、半日冷蔵庫において完成。
※野菜が漬かり過ぎたら、みじん切りにして混ぜご飯にすると美味しいです。

produced by はり灸・指圧・整体の自然堂治療院

0コメント

  • 1000 / 1000

自然堂治療院のからだと心に効くレシピ

お野菜だけでもこんなに美味しい、からだと心に優しいレシピを紹介しています。