甘酒甘夏プリン

甘酒といったら夏??もっぱら今では冬の寒い時期に温まる飲み物と思われがちですが、実は甘酒は本来夏の飲み物、夏の季語なんです。
江戸時代では夏に甘酒売りの行商が盛んで、夏の風物詩として庶民に親しまれていたそうです。
また甘酒は飲む点滴ともいわれ、とても栄養価の高い、夏バテ防止にもってこいの栄養ドリンクです。
ただし、甘酒は砂糖が入っていない、米と米麹のみからつくられる昔ながらの製法のものを選びましょう。
砂糖の取り過ぎは体に負担がかかります。
麹から作られた甘酒は発酵の力により自然と甘さが引き出されています。
微生物の世界と発酵のメカニズム、そこには目に見えない数多くの微生物の働きがあるなんて、とても神秘的で素敵なことですよね。

☆調理時間:30分程度
☆材料:3、4人分
 
 ・甘夏・・・約1/4個
 ・玄米甘酒(普通の甘酒でも可)・・・100g
 ・豆乳・・・150g
 ・水・・・50cc
 ・寒天粉・・・1g
 ・塩・・・ひとつまみ

1.甘夏の皮をむき、実を房から取り出し、細かくほぐす。
2.水と寒天粉を鍋に入れ、火にかけ、沸騰したら弱火で混ぜながら5分くらい煮る。
3.2の鍋に甘酒、豆乳、塩を入れ、沸騰しないように弱火でかき混ぜながら1分くらい煮る。
4.3に甘夏を入れてさらに1分くらい煮る。
5.火を止めて、器に入れ粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やして完成。お好みでメープルシロップや黒蜜をかけてもいいです。

produced by はり灸・指圧・整体の自然堂治療院

0コメント

  • 1000 / 1000

自然堂治療院のからだと心に効くレシピ

お野菜だけでもこんなに美味しい、からだと心に優しいレシピを紹介しています。