焼き芋コロッケ

秋も深まり一歩ずつ冬が近づいて、石焼き芋屋さんが活躍する季節ですね。
今回は焼き芋を使った簡単レシピです。
焼き芋がなぜあんなに甘いのか、それは豊富に含まれるでんぷんが加熱すると酵素の働きによって糖化されるからです。
焼き芋を作るならじっくりと時間をかけて加熱すると甘みが引き出せます。
サツマイモは食物繊維やビタミンC、ビタミンB群、カルシウムなどとても栄養豊富。
さらに切ったときに出る白色の液体、これはヤラピンというサツマイモならではの成分で、腸を活発にし、食物繊維との相乗効果で便秘によく効くようです。
ただし体に良いからといって、やっぱり食べ過ぎには注意しましょう。
ちなみにコロッケを上手に揚げるコツは油の温度。
温度が低いと揚がるまで時間がかかり、中から水蒸気が出て破裂してしまいます。
油の温度は高めに、短時間でカラッと揚げるのがコツです。
一度に沢山のコロッケを油に入れると温度が下がるので、少しずつ揚げて。
またコロッケのパン粉をつけたら揚げる前に冷蔵庫で冷やしておくとうまく揚がりますよ。

☆調理時間:1時間程度
☆材料:4個分
 
 ・サツマイモ(焼いたもの)・・・1本
 ・玉ねぎ・・・1/2個
 ・白ゴマ・・・大さじ1
 ・塩・・・適量
 ・小麦粉・・・適量
 ・パン粉・・・適量
 ・油・・・適量

1.玉ねぎをみじん切りにし、油をひいたフライパンで、色が透きとおって甘い香りがでるまで炒める。
2.焼き芋は皮をむいてつぶし、1の玉ねぎと擦った白ゴマを加えて混ぜる。(気にならなければ焼き芋の皮もみじん切りにして混ぜてかまいません。)
3.2を小判型に成形して、小麦粉、同量の水で溶いた水溶き小麦粉、パン粉の順につける。
4.3を180℃に熱した油で揚げて完成。

produced by はり灸・指圧・整体の自然堂治療院

0コメント

  • 1000 / 1000

自然堂治療院のからだと心に効くレシピ

お野菜だけでもこんなに美味しい、からだと心に優しいレシピを紹介しています。