大福豆のおしるこ

いよいよまた新しい一年が始まりましたね。
今年も福多い年でありますように、そんな願いを込めて今年最初のレシピの主役は大福豆です。
『おおふくまめ』と読みます。
とても縁起のよい名の豆ですね。
一般的に白いんげん豆と総称されています。
大福豆という名前だけでなくその栄養分的にも体に福を招いてくれそうです。
まず食物繊維をとても多く含んでおり、低脂肪・高タンパクなヘルシー食材です。
その他ビタミンB群、ミネラル、鉄等の栄養素も豊富に含まれています。
また以前TVで話題になりましたが、白いんげん豆にはファセオラミン・ファビノールという特有な成分があり、炭水化物の吸収を抑える作用によりダイエットに期待できるようです。
尚、今回レシピで砂糖を用いましたが、マクロビオティックでは基本的に砂糖は使用しません。
甘味の取り過ぎは体を冷やすといわれ、体の負担となります。もし用いるとしたら甜菜糖という種類の砂糖を用います。
その他、砂糖のかわりに米飴や甘酒を加えてもまた違った味わいを楽しめます。
甘いものは楽しむ程度に、食べ過ぎに注意して今年一年健康で過ごしましょう。

☆調理時間:2時間程度
☆材料:5、6人分
 
 ・大福豆・・・1cup
 ・砂糖・・・70g
 ・豆乳・・・3cup
 ・餅・・・1口大に切ったものを10~12個
 ・黒ゴマ・・・少々

1.大福豆を洗ってたっぷりの水に一晩ひたす。
2.鍋に大福豆と水を入れ火にかけ、沸騰したら弱火で煮る。豆が柔らかくなったら砂糖を加えて、さらに10分程煮る。
3.煮豆の1/5程度、取り出しておく。残りの煮豆をフードプロセッサー等でペースト状にして、再び鍋に入れて弱火にかけ、水分をとばしながらよく練る。
4.豆乳を加えてよく混ぜ、温まったら(沸騰させないように注意)取り出した煮豆も加えて火を止め、器に盛り、焼いた餅と黒ゴマをそえて完成。

produced by はり灸・指圧・整体の自然堂治療院

0コメント

  • 1000 / 1000

自然堂治療院のからだと心に効くレシピ

お野菜だけでもこんなに美味しい、からだと心に優しいレシピを紹介しています。