ズッキーニの梅しそ春巻き

初夏の長雨、梅雨の季節になってきました。
梅雨の語源はいくつか説があって、梅が熟すころの季節の雨という意味で梅雨とよばれたという説があります。
我が家でも毎年この時期に梅を漬けます。
梅の実を塩に漬けてしばらく置き、梅酢があがるとフルーティーな甘い香りが漂って、梅の季節を感じさせてくれます。
梅干は平安時代の日本最古の医学書「医心方」にその効用が記載されており、日本の伝統的な健康食です。
「梅は三毒を断つ」ともいわれ、三毒とは食毒、水毒、血毒です。
暴飲暴食による体の不調、体内の水分や血液の汚れを流してくれるといいます。
その他、疲労回復、食欲増進、食中毒の予防等の多くのうれしい効果があります。
これからじめじめした暑い時期を乗り越えるため、毎日1粒常食するとよいでしょう。
今回のレシピの春巻きの皮にはライスペーパーを用いました。
普通の春巻きの皮でもかまいません。
ライスペーパーを使うとちょっと違った食感が味わえます。

☆調理時間:30分程度
☆材料:2人分
 
 ・梅干し・・・2~3個
 ・しそ・・・12枚
 ・ズッキーニ・・・1/2本
 ・ライスペーパー・・・4枚

1.シソ4枚分をみじん切りし、梅干は種を取り除いて包丁でたたきペースト状にしたらシソを混ぜ合わせる。
2.ズッキーニは5mm角のステック状に細長く切る。
3.ぬるま湯でライスペーパーを戻しキッチンペーパーで水気をとり、シソを2枚並べ1を塗り、ズッキーニをのせて巻く。
4.3を160℃の油で揚げて完成。

produced by はり灸・指圧・整体の自然堂治療院

0コメント

  • 1000 / 1000

自然堂治療院のからだと心に効くレシピ

お野菜だけでもこんなに美味しい、からだと心に優しいレシピを紹介しています。