柚子とエゴマのパウンドケーキ

今年の冬至は12月22日。

この日を境に日が少しずつのび、運気も上昇していくといわれています。

冬至ではカボチャを食べて、柚子湯に入るのが習わしですね。

今回のレシピはそんな冬至の柚子を使ったレシピです。

ちなみに冬至になぜ柚子湯に入るのかは、柚子は香りが強く邪気が起こらないとされ、また柚子が実には長い年月がかかるため、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められているようです。

柚子はビタミンCが豊富に含まれ、風邪の予防にもなります。

ビタミンCの量はレモンの3倍も含まれています。

特に皮の部分に多いです。

今回は手作りの柚子ジャムを使って、米粉のパウンドケーキを作りました。

柚子の香りと、エゴマを加えてプチプチとした食感が美味しいパウンドケーキです。

寒い日のおやつに、作ってみてくださいね\(^o^)/


☆調理時間:1時間程度 

☆材料:18cmパウンド型1台分

A:

  • 米粉…80g
  • そば粉…25g
  • 片栗粉…20g
  • ベーキングパウダー小さじ1
  • 重曹…小さじ1/2

B:

  • ゆずジャム…40g
  • 甜菜糖…20g
  • 豆乳…140ml
  • 菜種油…50g
  • 塩…2つまみ
  • レモン汁…10g
  • エゴマ…10g
  1. Aの材料をボウルに入れ、混ぜ合わせる。オーブンを200℃に予熱しておく。
  2. 別のボウルにBの材料を入れ、泡だて器でしっかりと混ぜ合わせる。
  3. 1とエゴマを加えてゴムべらで手早く混ぜ合わせる。
  4. 4.型に生地を流して、160℃で約40分焼く。 

☆毎月1回、料理会を行っています。

  詳細は静岡市清水区の自然堂治療院までご連絡ください。


0コメント

  • 1000 / 1000

自然堂治療院のからだと心に効くレシピ

お野菜だけでもこんなに美味しい、からだと心に優しいレシピを紹介しています。