nao sugi

記事一覧(63)

黒豆と切干大根のサラダ

まだまだ寒さ厳しい毎日ですが、節分が過ぎ暦の上では春を迎えました。今月のレシピは節分にちなんで豆を使ったサラダです。黒豆はとても力のある食材です。薬膳では黒い色には腎に力を与えるとされています。腎は生命の源ともいわれる大切な臓器です。また黒豆の黒い皮には血液を養い、めまいやふらつきに良いといわれます。栄養的にも大豆にも含まれる良質なたんぱく質やビタミンB1をはじめとする各種ビタミン、その他鉄やカルシウム等のミネラル、女性ホルモンの働きをするイソフラボンなど、豊富に含まれています。それに加えて黒豆の皮には抗酸化物質であるアントシアニンが含まれています。そのためアンチエイジングや眼精疲労にも効果的です。毎日少しずつ常食して、煮汁も飲むと良いでしょう。煮汁も一緒に飲んでいたら飛蚊症が良くなったという話もあります。乾燥豆から豆を煮ることは、ハードルが高いように思えますが、意外と簡単。一晩水につけて戻してから、柔らかく煮るだけです。圧力鍋なら10分で出来上がりです。ちなみに黒豆はほとんどのスーパーで売っています。できれば無農薬のものが良いのですが、そうなると身近ではなかなか売っていませんよね。ちなみに私がよく買うのは、静岡市在住なのでしずてつストアやマルキフードにある「自然の味」シリーズの豆、あとは自然食品店でも良質な豆が手に入ります。あとはインターネットで、平譯さんの黒豆は甘くて秀逸です↓

しんびき粉のかぼちゃコロッケ

もうじきハロウィンですね。今回のレシピはカボチャのコロッケボール。パン粉の代わりにしんびき粉を用いて、小麦、卵なしのアレルギーフリーで作りました。しんびき粉はもち米を蒸して乾燥し、細かく砕いたものを煎ったものです。道明寺粉よりも細かいのが特徴です。小麦粉アレルギーの方やグルテンフリーを実践されている方におすすめです。衣にするとパン粉より軽いカリカリとした食感がまた美味しいです。ただしんびき粉はなかなかスーパーでは販売していないところが多いので、無い場合は道明寺粉で代用してください。食品アレルギーをもつ子供は年々増加傾向、その罹患率はおおよそ4%といわれています。また大人になって急にアレルギー症状が出る人も増えています。アレルギーの多い食品は鶏卵、乳製品、小麦となっています。アレルギーがなぜ増加傾向にあるのかはわかっておりませんが、おそらく生活環境の変化によるものでしょう。食の欧米化、過食、偏食、食品添加物の増加、大気汚染や住環境の変化、合成化学製品の増加、過食、ストレス等々、これらの要因が絡み合ってのことだと推測されます。環境を変えることは直ぐには難しいかと思いますが、食生活は意識すれば変えることができます。まずは毎日の食生活を見直してみませんか?